2016年2月10日水曜日

PRO SCALP 5.51: スプレッドフィルタについて

PRO SCALP 5.51に追加された「スプレッドフィルタ」ですが、スプレッド拡大時には損失が出ないようにできる可能性があるので、追記致します。


And the spread filter settings I recommend are

MaxSpread = 2

DistForSpreadFilter=10

RestoreTradesAtSpread=1.5

That way the EA will delete the pending order that are closer than 10pips from price is spread > 2 pips, but it will also put those pending order back if spread is back below 1.5pips


EAは2ピップス広がっている価格から10pipsより近い保留中の注文を削除しますが、スプレッドが戻っ1.5pips以下であれば、それはまた戻って、それらの保留中の注文を配置します。

ということで、お使いのブローカーのスプレッドの平均値と、スプレッドが広がった時の最大値のスプレッドをみて、その数値を入れておけばよいということになります。

私のFXOptimaxですと、平均0.4くらい、広がるときは1.0くらいいきますのでこの3つの数値を検討していきます。

【余談】 PRO SCALPはSL1pipsでいけるのかなあ。マルチカレンシー化は大丈夫みたいですけど。




いつもクリックいただきありがとうございます! 感謝^^


FXシステムトレード ブログランキングへ

2 件のコメント:

  1. FxVpsProを使用しようかと思っています。しかし、ペイパルでもネッテラーでも支払いできなく困っています。ペイパルは残高を増やさないとダメなんですよね?ネッテラーは支払いしようと思った際に404が出て不明な状態です。よろしくお願いします。

    返信削除
  2. > TAKUMIさん
    こんばんは^^ 私はFxVpsProはPayPalの支払いでしたが、残高を増やさない状態でも支払いができておりました。今は使用していないので現在の状況はごめんなさい、分からないところですが、サポートに問い合わせをするのが一番早いと思われます。

    返信削除

注: コメントを投稿できるのは、このブログのメンバーだけです。