2015年11月2日月曜日

ぼやき ) 人民元がIMFのSDR通貨に

人民元が主要通貨に~SDRバスケットに採用:エコノミストの眼(The Huffington Post Japan)
http://www.huffingtonpost.jp/nissei-kisokenkyujyo/sdr_b_8427460.html


私はこの情報はとある筋から(こう書くとちょっとカッコイイでしょ(笑))夏に入手していたのですが、秘密裏にIMFと協議しており、かつそれは延期になったと聞いていたので、先日ニュースソースになって出てきたことにかなり驚いています。

ドルを元に移行させ世界の中心を中国にしていくというこのストーリー。確かにアメリカは明らかにプレゼンスを落としてきており、中国が世界覇権に向けて動き出してきているところ、少々恐ろしい気がしています。

では通貨では何が起こるかといいますと、元が買われドルが売られるそうです(USD/CHN売)。そんな馬鹿なぁということなのですが、これがアメリカを支配しているビヨンドな方々の目論見のようです。先日の「ドル国営化」もとっても気になっているのですが、着々とドル暴落の準備を進めているのでしょうか。その真意は底辺である私には窺い知れない領域ですが、ドル暴落となっては日本はアベノミクス失敗で円高になってしまいます。黒田さんも白川さんのように眉毛がハの字になってしまうでしょう。時期がいつかというところが、重要と思います。(冬はクロス円が毎年上がる傾向にありますので方向としては逆)。

投資家のZEROさんはドル買われすぎということを見込んで既にユーロドルと豪ドルドルを長期保有されていらっしゃいます。すぐにではないものの、私もその方向で少しずつ動きたいと思います。



いつもクリックいただきありがとうございます! 感謝^^


FXシステムトレード ブログランキングへ

0 件のコメント:

コメントを投稿

注: コメントを投稿できるのは、このブログのメンバーだけです。