2012年12月1日土曜日

豪ドル円トラリピ トレード結果 2012.11.26~30

84.51の買いポジションを閉じました
今週は85円~86円台のレンジで終了しています。豪ドルの下落が強くなるかと思いきや下で買われて戻すという方向性のない展開でしたね。
ここまでかなり上昇してきましたので、下落トレンドに備えて一部買いポジションを決済しました。

しかし下がらず、という展開です。86円に戻して終了していますので、押し目でした。

豪ドル円オープン・ポジション(右)。87円からほとんどポジションがありません。


12/1 09:27更新 伸びています

なんと円ショートが80000枚に迫っています
本日更新されたシカゴIMMポジションを見ますと、注目は円ショートです。3月の7万枚を越えて8万枚に行くか行かないかのところに。ドル円は高値を試しているようです。

一方、豪ドルは今週は利下げ予想で下がってはいるものの下落トレンドにはなっていませんでした。

若干気になっているのですが、「米ゴールドマン 12月のイベントリスクで、円買い、ドル売りを推奨」というもの。ポジショントークなのかは不明ですが、3月のドル円上昇の際も同じようなコメントがありました。2月3月は雑誌からなにから「円安!株高!」となっていた時期です。その後はゴールドマンの推奨通り、強い円高に・・・束の間円安、といった具合でしたから、この12月もどうなるかは分かりません。



為替・FX ブログランキングへ

0 件のコメント:

コメントを投稿

注: コメントを投稿できるのは、このブログのメンバーだけです。