2012年9月2日日曜日

Pepperstoneで口座開設、さらに0.32pipsを自身の口座にキャッシュバック

今からPepperstone口座を開設されるのであれば、自分自身の口座にキャッシュバックされるFinalCashBackを利用すべきです。

このサイトを経由して口座開設(スタンダード口座のみ)をすれば、取引毎に一定のpipsが自分自身にキャッシュバックされるという優れもので、つまりはスプレッドをさらに狭くすることができます。

Pepperstoneの場合、現在一取引あたり0.32pipsとなっています。


よくよく考えてみたらスプレッドというのはブローカーへの手数料ですので、少ないに越したことはないです! ⇒ どれだけの損失になるかの計算ができます


ユーロドルです。稀に0.1pipsと激狭の時も。通常は0.4~0.5くらいです。
Pepperstoneは基本海外ブローカーの中でも特に狭いスプレッドですが、自身の口座にキャッシュバックを受けることでさらに有利になります。
EAを動かす場合もスプレッドはかなり影響を受けますので殊更メリットが教授できるかと思います。
登録は下のバナーからどうぞ。



ちなみに私が今までに作った口座の数は国内外合わせてざっと20アカウントくらいです。海外口座でいいますと、

YouTradeFX(ユダヤ 300倍 ⇒ 使用していない)
instaforex(ロシア 600倍 ⇒ トラリピで稼働中)
IronFX(キプロス 500倍 ⇒ EA稼働中)
Trading Point / XEMarkets(キプロス 500倍 ⇒ EAとコモディティ用)
IFC Markets(イギリス 1000倍 ⇒ トラリピ用)

くらいでしょうか。雇用統計やFOMCの時にサーバーダウン、なんてことは最近少なくなってきましたけど、やっぱり安定性や約定がきっちり行われるかどうかは長期でやっていかないと見えてきません。宣伝ばかりしていて人気そうなんだけど、実際利用してみると期待どおりではなかった、なんてことも多いです。

Pepperstoneは長期でも安定していて、一時はサーバーダウンの時もあったのですが増強されてからここ半年はまったく切れることがありません。
(ちなみにこ口座は「EDGE」の方が良いです!)
お役に立てましたら幸いです^^


(P.S.) 私が昨年開設したある口座は豪ドル円のスプレッドがじわっと10pipsもあります。。ここで開設しておけば良かったと後悔。。まあ知らなかったので仕方なかですねw


為替・FX ブログランキングへ

0 件のコメント:

コメントを投稿

注: コメントを投稿できるのは、このブログのメンバーだけです。