2012年9月14日金曜日

FOMCを受けて

先日のFOMC内でQE3が決定しました。気になる今後の為替の動きですが、私としてはユーロドルの1.3からのリスクオンは慎重です。
一方で金や原油、資源国通貨は買いで良いと思います。予想は禁物ながら、ユーロより豪ドルが強くなってくるのではないでしょうか。


以下陳満咲杜氏のコラムが検討材料になるかと考えております。ご参考までに。


■マーケットを興奮させるインパクトなし!? QE3実施決定の為替相場への影響は?
http://zai.diamond.jp/articles/-/135889


為替・FX ブログランキングへ

0 件のコメント:

コメントを投稿

注: コメントを投稿できるのは、このブログのメンバーだけです。